ハーレーの魅力とは!?

ノンカテゴリ

ハーレーの魅力とは!?

バイクで有名なアメリカのメーカー ハーレーダビットソン。

なぜハーレーは人気なのか。その理由とは?

ハーレーダビッドソンは、アメリカ合衆国のオートバイメーカー。1903年にウィスコンシン州ミルウォーキーに設立された。
世界恐慌を生き残ったアメリカの2大オートバイメーカーの1つ(もう1社はインディアン)。同社は多くのオーナー企業の変遷、子会社の変遷(アエルマッキ:1974-78、ビューエル:1987-2009)、財務環境の悪化と品質低下の時期ならびに激しい国際競争を生き残り、世界第5位のオートバイメーカーとなり、世界に広く知られるアイコンブランドとなった。

創業者
ウィリアム・S・ハーレー
アーサー・ダビッドソン
ウォルター・ダビッドソン 
ウィリアム・A・ダビッドソン

出典 http://ja.wikipedia.org

出典 http://www.goobike.com

ハーレーの特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観とよく言われます。
要するに、ドッドッドッドというあの独特の振動と個性ある見た目ですね。

出典 http://job.webike.net

タイプも様々

現行の車種もいろいろあり、使う用途や見た目も違うので、どう乗りたいかで選ぶ車種も変わってきます。
スポーツスター - 一般モデル。883 ccと1,202 ccの2車種。

VRSC - ハーレーダビッドソン社初の水冷マシンファミリー。

ソフテイル - 大排気量モデル。

ダイナ - ソフテイルと似た車体を持つが、エンジンはフレームにラバーマウントされるためバランサーなし。

ツーリング - 大型フェアリング(その形態から「やっこ型」と呼ばれる)を被せ、パニアケースやトップケースなどロングツーリングに対応するための重装備を持つ、ハーレーのイメージリーダーといえるシリーズ。

CVO - 少量生産として発売されている最新モデル。

トライク - 普通自動車免許で乗れる三輪のオートバイ。

ストリート - 2014年に発表された水冷エンジンの小型モデル。

ハーレーはよく壊れやすいと言うが・・

昔のハーレーはよくトラブルがあったみたいです。ハーレーも常に進化してますから、今のハーレーはトラブルは非常に少なくなって、ほぼないと言ってもいいです。

エボリューション(1984年~)という名のエンジンになってから精度が数段アップしたので、このエンジン以降故障トラブルが減ってきました。

123

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ