意外!「ドラム式」洗濯機より「縦型」洗濯機が支持されている?

ノンカテゴリ

意外!「ドラム式」洗濯機より「縦型」洗濯機が支持されている?

今の人気は「ドラム式」洗濯機より「縦型」洗濯機??

今、洗濯機は大きく「ドラム式」と「縦型」に分けられます。1990年から洗濯機市場は2002年まで減少し、その後増加し450万台前後で推移している模様です。また洗濯機の種類別にドラム式の割合が徐々に減少する一方で縦型が圧倒的な人気があるようです。

なぜ「縦型」が人気なのか。「ドラム式」と「縦型」の違い

・価格が「ドラム式」の方が「縦型」にくらべて高い

価格が重要なポイントになるのは間違いないでしょう。決して安い買い物ではないので、景気の低迷期に消費者の目がシビアになるのも当然です。
「ドラム式」は「縦型」より価格が非常に高く、同じレベルの機能でも「ドラム式」のほうが高いようです。
今はどこのメーカーも高性能の洗濯機を出しているので、機能の差があまりなく、どれを選んでも質の良い洗濯することにそれほど変わりません。そうであれば、少しでも安いのを買いたいと思うのはうなずけます。


・実は「ドラム式」より、「縦型」の方が汚れが落ちやすい?

洗濯機なので、当然汚れがきっちりと落ちるかが最大のポイントになります。
「ドラム式」は、「たたき洗い」という方式で、ドラムを回転させることで衣服をたたくようにして洗うことです。「縦型」より、水を使わないようですが、逆に衣類が水に浸からないため、「縦型」より汚れが落ちにくいみたいです。
「縦型」は、「かくはん洗い」という方式で、洗濯槽に水を溜め、回転させながら洗うという方式です。大量の水を溜めて、その中で水流を使ってもみ洗いをし、洗濯物同士をこすれ合わせながら汚れを落します。「ドラム式」より、水道代がかかりますが、しっかり汚れを落とせます。


・メンテナンス、振動、音の静かさなど

「ドラム式」は、フィルターのホコリ掃除の頻度が多く、けっこう手間がかかります。この点、メンテナンスのしやすさで言うと「ドラム式」のほうが不利かもしれません。振動も「ドラム式」は、ドラムが縦方向に回転するので、「縦型」にくらべ振動が大きくなり、この点、アパートなどで周りの住人に迷惑がかかる可能性が高いです。振動対策の「ドラム式」洗濯機もありますが、機械の構造上の問題なので、解決が難しいところもあります。

それでも決して、「ドラム式」がすべて劣るわけではない

「ドラム式」は「縦型」に比べ、少々デメリットが大きいですが、皮脂汚れは「ドラム式」のほうがよく落ちるみたいです。乾燥機能も圧倒的に「ドラム式」のほうが勝っています。

両方のメリット、デメリットを知ったうえで、それぞれが使用目的や状況に応じた品を選ぶのがポイントになってきます。

ぜひご参考にしてください。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ